宇宙航空人材育成プログラム 将来の有人宇宙活動を支える宇宙医学人材養成プログラムの創出

menu

メンバー

教員

寺田 昌弘 / Masahiro Terada

京都大学 宇宙総合学研究ユニット 特定准教授

大阪大学大学院生命機能研究科修了。専門は、宇宙医学、宇宙生物学。2009年にJAXA宇宙医学生物学研究室(向井千秋研究室)に入社し、宇宙飛行士の健康管理技術の研究に従事。201410月から3年間、NASA Ames Research Centerへ研究留学し、宇宙滞在中の健康評価手法の開発に向けた研究に従事。 その後、東京慈恵会医科大学に移り、20184月より現職。インタビュー

詳細はこちら①

詳細はこちら②

詳細はこちら③


田中 邦彦 / Kunihiko Tanaka

岐阜医療科学大学 薬学部 教授

香川大学大学院を卒業後、外科として勤務。アメリカに留学し、宇宙服の研究を開始。岐阜大学を経て、現在は岐阜医療科学大学薬学部で教鞭をとりつつ、宇宙服の研究を継続している。インタビュー

詳細はこちら


技術補佐員

山岡 まりも/ Marimo Yamaoka

京都大学宇宙総合学研究ユニット 技術補佐員


作山 知子/ Tomoko Sakuyama

京都大学宇宙総合学研究ユニット 技術補佐員